お庭のご相談はこちら

環境緑化技術研修所の開設 ~社外向け研修施設や研究のフィールドとして~

樹芸林業千葉試験場時代、全寮制の付属環境緑化技術研修所を設置、造園技術者を養成していたことがあります。この研修施設は1977年から1985年まで、八年間の開設ではありましたが、一企業が企業外に門戸を開いた研修施設の開設は当時極めて希なことでした。
 生徒は造園関係の師弟、企業の緑化担当者、海外からの研習性と幅広い層から応募があり、実技と座学の即戦力となる技術者の養成を目指しました。教師陣は、造園界で活躍されている大学教授、現場で活躍されている経営者、緑化木生産の技術者など多彩な顔ぶれで、多くの人々がこの研修所に興味関心を持ち、学び舎として利用しました。
 又、国交省、緑化センター等の諸官庁から、樹木に関する委託試験受のけ入れ、都市緑化用緑化工法の開発なども取り組みました。